導入が進むスキップフロア|オシャレで気分があがる家ならデザイン住宅

オシャレで気分があがる家ならデザイン住宅

導入が進むスキップフロア

レディ

人気を呼ぶ新しい空間

スキップフロアは、床に段差をつけ、階の間に空間を設ける手法です。この空間はメリットが多く、川西の一戸建てでもよく見られるようになってきました。この手法が川西で人気の秘密としては、限られたスペースをうまく活用できることが挙げられます。特に川西の狭小地では、いかに無駄なく敷地を使って快適な一戸建てを実現するか、が大きなポイントなります。スキップフロアを使えば、階の間に追加の空間を作ることができ、部屋や収納スペースとして、利用することができるのです。また、壁がない開放的な空間であるため、家族をいつも感じることができるのもメリットと言えるでしょう。特に、子供がいる世帯では、遊び場にするなどすると、親子のコミュニケーションを深める空間にできます。

広く感じ日光や風も十分に

スキップフロアを採用した一戸建ての特徴として、実際の床面積よりも広く感じられることが挙げられます。フロアが半階分の高低差を持っていることによるもので、狭い土地に一戸建てを建てる場合でも、広く見せることができます。広く感じさせる工夫として吹き抜けがありますが、空間自体を拡張する分、エアコンの効率が悪くなるなどの問題も発生します。スキップフロアならば、少し段差がついた連続空間となりますので、エアコン効率も落ちず電気代なども節約できるでしょう。また、日当たりや風通しをよくできるのも特徴です。天窓を設置するなど工夫すれば、川西の住宅密集地など、周囲を建物に遮られているなどの立地でも、十分日光や風をとり入れられます。自然光でいつも明るく、家の中の空間全体の雰囲気が、がらりと変わります。